サイトメニュー

プチでも油断ならない

レディ

病気への理解を深める

うつ病によって仕事ができなくなった人、人生が変わってしまった人というのは少なくありません。プチうつというよう表現が女性誌などでされることもあるので、少し軽いものだろ勘違いされることもあります。もしも病院に行かなくても自力で解決できるうつがあるとすれば、それは誰にでもある一般的な感情の変化で病気には該当しない類です。うつというのは心のコントロールを失った状態です。そのため、自分で気持ちを改善するのは容易ではなく、どんなに気持ちを切り替えようにも重い症状に悩まされます。そして、一日中コントロールできない自分を責めてしまうわけです。心持ち程度にいくらかの差こそあれ、そんな状態が二週間以上続けば、我慢せずにメンタルクリニックなどを活用する必要があります。プチとついていることで、簡単に解消できる一過性のもののように扱われていますが、それを鵜呑みにしていると症状を悪化させる可能性があります。それは、単なる落ち込んだ気分ではなく、既にうつ病の初期段階です。悪化させる前に正しい手を打つことが大切です。加えて、依存症との縁も深い病気になります。心がしぼんでしまうことで、正しい判断ができず、自分でブレーキを掛けられない状態になっています。そこで逃げ込んだ先にはまってしまうこともあるので、心の平衡を失う前に受診することが大切です。子供や高齢期のうつ病にありがちな激越状態の症状を除けば、うつはおおむね活動体が低下し、のらりくらりとなりがちです。本人にとってはだるくてたまらないという状態ですが、これは健康な人がだらけているのとは大違いです。ねっとりとした粘調度の高い中で、もがき続けているようなイメージになります。そのため、ごく普通の日常生活を送ろうとするだけでも疲れ果ててしまいます。このうつに付きものの倦怠感や億劫さなどの症状は、物事への興味や関心を失わせることが多いです。男性の場合はとくに性欲が減退し、抜け殻のようになります。そこで初めて周囲の人は何かおかしいと気づくわけです。一般的に治療をしていても倦怠感、億劫さは最後まで残ります。しかし、その辛さや気まずさというのに、周囲は気づけていないことがほとんどです。本人にとっては、病気そのものよりも周囲に理解してもらえない辛さを一番強く感じています。周囲の人は精神論をぶつけてみたり、気分転換や気晴らしを提供したりしようとしがちですが、こうした接し方は間違っているということを理解しなければなりません。うつ病になりやすい人は、断るのが苦手な性格の人が多く、誘われると渋々応じてしまいがちです。これは、何もエンジョイできないどころか、疲れが溜まるだけです。本人が一人でもゆっくりと気兼ねなく休める環境を提供することが大事になります。ありがた迷惑になる言動だけは差し控えることが大切です。

女性

冷静に分析

うつ病ではさまざまな症状がみられますが、一つでも持続的なものがあれば注意が必要です。いわゆるストレス解消法を試す段階ではすでになくなっているので、早期に専門家を受診し、適切な治療を開始することが大切です。

詳しく見る

ナース

病変の種類と緩和方法

従来のうつ病に該当しない非定型のうつ病は、従来型とは正反対の症状が多いのも特徴ですが、老人性のうつ病は、体調不良を頻発するのが特色になります。気持ちが重い時はヘッドホンで暗い曲から聴き始め、徐々に明るい曲に変えて気分を高めるのも魅力的です。

詳しく見る

カウンセリング

休職も念頭に置くなら

休職も視野にうつ病治療に取り組むなら、認知行動療法やリワークプログラムなどで復職をサポートしてくれる精神科を選ぶのがポイントです。うつ病の再診料はどんな症状でも約1,500円で、精神療法は8,000円から12,000円程度が相場になります。

詳しく見る

女の人

セロトニンの重要性

うつ病は発症すれば不安を感じるようになり、落ち込みや自尊心の低下がみられる症状が現れます。発症の原因はセロトニン不足といわれ、それはストレスによって減少してしまいます。セロトニンを増やすことができるように、治療ではその薬が処方されます。

詳しく見る

人気記事

女性

冷静に分析

うつ病ではさまざまな症状がみられますが、一つでも持続的なものがあれば注意が必要です。いわゆるストレス解消法を試す段階ではすでになくなっているので、早期に専門家を受診し、適切な治療を開始することが大切です。

詳しく見る

ナース

病変の種類と緩和方法

従来のうつ病に該当しない非定型のうつ病は、従来型とは正反対の症状が多いのも特徴ですが、老人性のうつ病は、体調不良を頻発するのが特色になります。気持ちが重い時はヘッドホンで暗い曲から聴き始め、徐々に明るい曲に変えて気分を高めるのも魅力的です。

詳しく見る

カウンセリング

休職も念頭に置くなら

休職も視野にうつ病治療に取り組むなら、認知行動療法やリワークプログラムなどで復職をサポートしてくれる精神科を選ぶのがポイントです。うつ病の再診料はどんな症状でも約1,500円で、精神療法は8,000円から12,000円程度が相場になります。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ症状を自覚したら受診がお勧め【悪化させる前に正しい手を打つ】 All Rights Reserved.