サイトメニュー

セロトニンの重要性

女の人

ストレスは大敵

うつ病を発症し病院で診てもらえば、その症状に合わせての治療が始まります。治療法は主に薬物療法となっていますが、必要になれば心理療法や光療法などを用いる場合もあります。薬物療法で処方される薬の種類は、多くはセロトニンを分泌させる効果を引き出すものといわれています。うつ病を発症する原因はセロトニン不足からなると考えられており、そのセロトニンを増やす効果を出す薬を服用させるということです。しかし病院で治療を受けるからといって、それだけではなかなか治すのに時間がかかってしまうこともあります。しっかりと治していきたければ、治療以外でも生活習慣を改善するなどの行いも要されます。うつ病にかかる人の多くは、緊張感が表れてしまうことから夜なかなか眠れない場合があり、眠らずに起きていることがあります。夜眠ることができないのも、うつ病の症状の1つとなり、そのつながりから不眠となり、さらに脳の活性化を弱めてしまうことがあります。朝に起きることは、生きることにとても重要なものとなります。なぜなら、太陽の光がセロトニンを脳内に分泌させる効果があるからです。早く治すことができるようにするためにも、明るい時に起きることができるような生活習慣を身に着けることが要されます。うつ病を発症する原因がセロトニン不足と考えられていますが、ではどのような人が発症しやすいのか、またどのような状態となれば発症しやすい体質になってしまうのでしょう。それは完璧主義や、役割分担が苦手で仕事をほかの人に任せられず、すべて自分でやっていくタイプ、そのほかにも不器用な人や上がり庄名人もかかりやすいといわれています。これらの湯女タイプはストレスを感じやすく、常に何かに耐えて過ごしていることがあります。ストレスはセロトニンの分泌を抑えて、脳の働きを弱くさせてしまいます。そのストレスを発散できずにため込んでしまえばどんどんセロトニンが減少していき、うつ病を発症させるような体質になってしまいます。うつ病を発症してしまえば、何もかも緊張しやすくなりその状況からなんでも不安に感じてしまい、うまくできなければ、または責任を背負わなければならない立場となれば途端に大きなストレスを感じるようになります。その結果、落ち込みや自尊心の低下などのような症状が現れます。しかし症状が現れても、周囲からはただ単に怠けているととらえられ、症状に気づいてくれないこともあります。もし、うつ病の傾向を疑う場合は、自尊心の低下がみられる状態が2週間以上続けば疑っても良いといわれています。

Copyright© 2018 うつ症状を自覚したら受診がお勧め【悪化させる前に正しい手を打つ】 All Rights Reserved.