サイトメニュー

休職も念頭に置くなら

カウンセリング

診察や精神療法の料金相場

休職も視野に入れてうつ病治療に取り組むなら、職場復帰も積極的にサポートしてくれる精神科を選ぶのがポイントです。うつ病の症状を治すには薬物治療と休養も大切ですが、職場に戻ってからストレスを受けても、再発しないコンディションに仕上げることも欠かせません。そこで、治療の最初は薬などで回復に専念し、中盤以降はリワークプログラムを増やすなど、段階的な治療が受けられる病院を選びましょう。さらに認知行動療法では、思考や行動パターンを調整して、ストレスを受け難い状態に修正できるため、この精神療法を提供している医療機関を選んでおくのも秘訣です。基本的に精神療法は臨床心理士が行いますので、この専門スタッフが在籍する病院を探してみてください。そのほか、精神保健福祉士も勤務しているクリニックですと、福祉相談や関係機関の連携役も担ってくれますから何かと便利です。また、症状が重い場合や、家庭問題もストレスになっていて自宅では症状の改善が見込めない時は、入院施設のある病院を選ぶと良いでしょう。万一入院することになっても同じ精神科医に診てもらえるため、一貫した治療が受けられます。ただし外来治療がメインの場合は通いやすさも重要ですから、あまり遠方の病院は選ばず、通院が苦にならないエリアから探しましょう。保険診療ならどんな症状でも、うつ病の受診料は1,500円程度で済む場合が殆どです。初診の時は初診料が必要ですので、大体3,000円が相場となっており、場合によって薬代や検査料が追加されます。しかし、精神療法や心理カウンセリングは基本的に保険が使えないため、1回8,000円から12,000円程度が相場です。この金額はテナント料や地代が高い都市部の料金ですから、地方ならもう少し安く受けられます。また、研修中の臨床心理士のカウンセリングなら3,000円ほどで受けられることがあるので、必要なら探してみると良いかもしれません。逆に、高い場合は1時間前後で約20,000円というクリニックも見られますから、評判の良い病院を発見した時は、事前に精神療法の値段を問い合わせるのも上策です。そして、抗うつ剤はうつ症状を治すメインの薬ですが、高価な新薬なら1日1錠でも、ひと月で4,000円程度必要な場合があります。どの薬がどれぐらい処方されるかは、症状の度合いや精神科医の判断にゆだねられますが、治療費がかさむ場合は自立支援医療に申し込みましょう。審査に通れば殆どの人が1割負担になり、その上ひと月の負担上限額に達した後は国が払ってくれるため、以降の自己負担金は原則0円になります。

Copyright© 2018 うつ症状を自覚したら受診がお勧め【悪化させる前に正しい手を打つ】 All Rights Reserved.