サイトメニュー

冷静に分析

女性

持続的なら注意

うつ病というのは、立派な病気です。たとえば、やる気が出ないというのはうつ病によくある症状です。それにより生活が変化してしまった自分を見るたびに、感情をセルフコントロールできなくなり、さらに落ち込みや悲しみが湧いてきます。毎日が悲しみだらけになるうちに、肩こりや頭痛など身体的症状があらわれることも多いです。こうした症状が出てくるというのは、感情のコントロールを一部失った状態なので、自己流でなんとか対処しようとすると、ますます疲れてしまい状態が悪化するので注意が必要です。すでに、うつ病にかかっている場合には、いわゆる巷のストレス解消法というのを試すのは危険になります。うつ病になる人は、もともと生真面目な性格でもあるため、試しにやってみようではなく、しなければならないと義務化してしまうからです。そして、病気であるうつの特徴は理解していても、どうしても病気と認めたくないという人は多くいます。しかし、前述のような状態になっている場合、一時的なマイナス思考という段階は既に超えていますので、一時的な対処療法では解決できないことがほとんどです。まずは、具合の悪さの程度や最近の思考の傾向を冷静に見つめて専門医の診察が必要かどうか、自分の症状を分析するところからスタートさせることが重要です。気分が滅入ったり、悲しみや不安が続いたりして、落ち込んで何もする気がなくなる状態を抑うつ気分といいます。この気分を感じたり、何かしようとする意欲がなくなったりする状態が持続する一連の疾患を抑うつ症候群といいます。その代表的なものが大鬱病性障害、一般的にうつ病と言われているものになります。ほぼ毎日、抑うつ気分が存在しているのが特徴です。症状としては、食欲や睡眠に何らかの障害がみられたり、他人にもわかるほどじっとしていられなくなったりするなどです。また、進行してくると自分自身の価値を否定して、過去の些細な失敗を延々と考え込んだりもします。加えて、慢性的な倦怠感や疲労感を感じることも多いです。そうしていると社会活動にも支障が出てくるので、人に会うのが億劫になってきます。こうした症状が一つでも持続的に存在していれば、既に専門家への相談や受診を検討する段階です。複数の症状がみられるようなら、重度の可能性が高いので、専門家による早期治療が必要です。うつ病はいかなる年齢でも発症する可能性はありますが、発症の確率は思春期以降に大きく増加します。発症のきっかけとなるのはストレスで、環境変化の前後や喪失体験後により発症しやすくなるので注意が必要です。

Copyright© 2018 うつ症状を自覚したら受診がお勧め【悪化させる前に正しい手を打つ】 All Rights Reserved.